So-net無料ブログ作成
検索選択

新日本フィル定期演奏会 [クラシック音楽]

いつもの小澤征爾指揮の音楽会であれば大抵感動できるのだが、この日は違った。他の人は結構喜んでいて、メインのショスタコ10番では後方の席から盛んにブラヴォーの声が飛んでいたのだから自分の好みでなかっただけなのだと思うが。

席の問題もあるのかもしれないが、やたら金管ばかりが目立つ演奏でそれが好みと違うのでいまいちに思えたのだと思う。

とりあえず来週サントリーホールで別な曲(ベートーベンの7番ほか)で聴く予定なので、この違和感は何だったのか再度確認してみようっと。

 


Twitter「つぶやく」ボタン nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。