So-net無料ブログ作成

[Concert] ドヴォルザークづくし [クラシック音楽]

 正確には、2曲目のアンコールが違う作曲家だったので、語弊があるかもしれませんが、土曜日にライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の来日演奏会に行ってきました[exclamation]


 曲目は、序曲「謝肉祭」、ヴァイオリン協奏曲、交響曲第7番ですべてドヴォルザーク。指揮者は、結構お気に入りなリッカルド・シャイーでした。


 シャイー自身は何度も来日していますが、お気に入りな割に聴きに行った公演の数は多くはありません(苦笑)


 今回は、大好きなヴァイオリン協奏曲と交響曲第7番が聴けるということで、急遽チケットを入手して行ってきました。


 謝肉祭は、シャイーらしい派手目な演奏で、まずは指揮者もオケも肩慣らしといったところでしょうか?


 2曲目のヴァイオリン協奏曲。ソリストのレオニダス・カヴァコスさんはプログラムの解説によれば売り出し中の若手技巧派だそう。確かにすばらしいテクニックでしたが、自分の好みのタイプとは違った演奏だったので、ちょっと残念でした。

 3曲目の交響曲第7番は、オケもなかなかの熱演、んが花粉がのどに入ったのか、2楽章あたりからかなりのどが苦しくなって、音楽に集中できず[もうやだ~(悲しい顔)]

 座席の位置がいまいちだったので何ともいえないけど、チェロにもう少しがんばって欲しかったかなとも思いました。でも、こんなに完成度の高い演奏でこの曲を聴ける機会は少ないので、満足できました。


 アンコールはスラブ舞曲から2曲。どちらも良かったけど凄い名演という感じではなかったかな。



ドヴォルザーク:交響曲第7番

ドヴォルザーク:交響曲第7番

  • アーティスト: クーベリック(ラファエル),ドヴォルザーク,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2000/12/20
  • メディア: CD



ドヴォルザーク&グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲

ドヴォルザーク&グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲

  • アーティスト: ツィマーマン(フランク・ペーター),ドヴォルザーク,グラズノフ,メスト(フランツ・ウェルザー),ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/08/24
  • メディア: CD



メンデルスゾーン:交響曲第2番

メンデルスゾーン:交響曲第2番

  • アーティスト: シャイー(リッカルド),メンデルスゾーン,ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2005/11/23
  • メディア: CD



Twitter「つぶやく」ボタン nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。