So-net無料ブログ作成

[Concert] 元気が出るブルックナー? [クラシック音楽]

木曜日にサントリーホールで、NHK交響楽団の定期演奏会を聴いてきました[exclamation]


先週に引き続き、指揮者はブロムシュテットさんです。

曲目は、

シューベルト:交響曲第8番「未完成」
ブルックナー:交響曲第7番

の2曲です。

シューベルトの方は、重すぎず軽すぎず、なかなかの力演でした。
なので、自ずと休憩後のブルックナーには期待感が増します。

特に2楽章を楽しみにしていたのですが、テンポが遅くなりすぎたからか若干間延びした感もありました。
それでも、3楽章以降ちゃんと体制立て直して、特に終楽章の高揚は素晴らしいものがありました。

先週もそう感じたのですが、去年にくらべてブロムシュテットさんの動きが少なくなったように思うんです。
もちろん、ご年齢のわりにとても元気でいらっしゃるのですが、手の動きが凄く少なくなったような気がして…。

ちなみに、NHK交響楽団の定期演奏会としては珍しく、オケのメンバーが帰った後も拍手が鳴り止まず、ブロムシュテットさんがもう一度呼び出されました。オケのメンバーの信頼感も厚く、関係もとても良好だと思うので、来年以降も元気に来日されて、また、素敵な演奏を聴かせていただけたらと思います。

今回の定期は、3つのプログラムとも名曲プロみたいな感じだったので、次回は渋めな選曲の回があっても良いなと思いました。
ブルックナーなら3番か9番あたりを聴けたら嬉しいなぁ。


ブルックナー:交響曲第7番



Twitter「つぶやく」ボタン nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。