So-net無料ブログ作成
検索選択

[Concert] 新日本フィルハーモニー交響楽団第563回 定期演奏会 [クラシック音楽]

日時・会場
2016.10.21(金) 19:00 開演/すみだトリフォニーホール

プログラム
ドヴォルジャーク:スターバト・マーテル
Dvořák: Stabat Mater

出演者
指揮 ハルトムート・ヘンヒェン
Hartmut Haenchen, conductor
ソプラノ 松田 奈緒美
Naomi Matsuda, soprano
アルト 池田 香織
Kaori Ikeda, alto
テノール 松原 友
Tomo Matsubara, tenor
バス 久保 和範
Kazunori Kubo, bass
合唱 栗友会合唱団
Ritsuyukai Choir, chorus
合唱指揮 栗山 文昭
Fumiaki Kuriyama, chorus master

振り替えだったので、いつも聴くような位置ではなかったので何ともいえないところはあるんだけど、全体的に拍手が低調だった気が…。個人的には、宗教的な曲を日本人に歌わせたのが敗因なのかなと。歌手の歌い方の問題なのか指揮者の解釈なのかわからなかったが、オペラのような歌い方が曲の雰囲気を損ねて居たように思います。





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。