So-net無料ブログ作成

[Concert] 東京交響楽団第645回 定期演奏会 [クラシック音楽]

出演
指揮:ジョナサン・ノット
ヴァイオリン:イザベル・ファウスト

曲目
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
ショスタコーヴィチ:交響曲 第10番 ホ短調 作品93

2016年10月15日(土)18:00 @サントリーホール

前半のベートーヴェンは、ファウストの音が繊細なこともあってか、繊細な音作りが目立ったたし、そこが最大の聴き所だった気がする。カデンツァがベートーヴェン自身がピアノ協奏曲に編曲したときの曲にもとづいているそうで比較的聞き慣れない方が多かったのだろう、休憩時間や終演後にカデンツァについて事務局などに質問されている方が多かった。ファウストの音には一般的なカデンツァよりもこちらの方が合っているように思います。

休憩後のショスタコーヴィチは、よい演奏でしたが最後の方にちょっとオケが息切れしたのか、ホルンのミスが何回かあるなどいただけないところも。とは言え、このレベルの演奏なら海外公演でもひどい評価を得ることは無いだろう。

終演後の拍手は多く、ブラヴォーの声も多い割にあんまり熱狂的な雰囲気ではなかったように思うけど、オケメンバーが客席に向かって挨拶して退場を始めても、一部の方々の拍手は鳴り止まず、舞台上で楽器のメンテナンスがメンバー以外の全員が退場したところでノットさんが再登場。その顔は本当にうれしそうで残っていた観客たちとの関係も良好で、よい関係がこれからも続くと良いなと思います。

海外公演が成功しより充実して帰ってきてくれたら良いな[exclamation]


ベルク&ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 (Berg & Beethoven : Violin Concertos / Orchestra Mozart, Isabelle Faust, Claudio Abbado)

ベルク&ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 (Berg & Beethoven : Violin Concertos / Orchestra Mozart, Isabelle Faust, Claudio Abbado)

  • アーティスト: アルバン・ベルク,ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン,クラウディオ・アバド,モーツァルト管弦楽団,イザベル・ファウスト (ヴァイオリン)
  • 出版社/メーカー: Harmonia Mundi France
  • 発売日: 2012/01/09
  • メディア: CD




ショスタコーヴィチ:交響曲第10番、他

ショスタコーヴィチ:交響曲第10番、他

  • アーティスト: ネルソンス(アンドリス),ショスタコーヴィチ,ボストン交響楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/08/19
  • メディア: CD



Twitter「つぶやく」ボタン nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。